オーブンの特徴を知る

シフォンケーキを焼くうえで、オーブンはかかせない道具のひとつ
そんなオーブンもメーカーさんや種類によって焼き方が変わってきます。

使っているオーブンの特徴を知っておくと、シフォンケーキだけでなく
いろんな料理やお菓子作りの時に役立ちます〜ひらめき


ちなみに私の使っているオーブン
“日立スチームオーブンレンジ「ナノスチーム調理 ヘルシーシェフ」MRO-AX10”

↑これは電気オーブンですが〜実はガスオーブンが欲しかった
電気オーブンは余熱に時間がかかり、開けるとすぐ熱がとんでいくんです。。。

オーブンを開けた場合20℃ほど下がりますが、
まごまごしてると30℃ほど下がってる時もあります!

オーブンにどん臭いと言われてるかのようで〜
結構焦っちゃうこと多々です(笑

なので、開けた時の温度低下を考えて余熱は20℃ほど高くしています。

CIMG4509.JPG

シフォンケーキの失敗例〜底上げの原因とは?でお伝えしていますが、
上下のヒーターで加熱し正面奥のファンによって熱を全体に送っているものです。


熱の伝わり方から下より上の方が温度が高く
奥のファンで熱を撹拌しているので中心より外側の方が温度が高いようです。

CIMG4132.JPG  CIMG4137.JPG

シフォンケーキだとわかりにくいので、ベーグルの画像を見ていていただいています〜ヽ(*^^*)ノ

焼き方にかなりムラがあるのがわかっていただけると思います〜。
一方は焦げそうなのに、一方は焼き目もついてなかったり。。。
プレーンベーグルの時はよくそうなるんですよね。

ガスオーブンはどうなんでしょうか〜???
とっても気になるところです!!!

ちなみにこれは岐阜飛騨高山産☆紅玉りんご(林檎・リンゴ)ジャムの作り方〜♪
で作ったりんごジャムをベーグルに入れて作りました〜☆
とぉ〜っても美味〜!!!りんごの果肉がなんともいえないベーグルでしたハートたち(複数ハート)



私のオーブンは家庭用として、かなり大きいサイズの電気オーブンです。
オーブンの中の寸法は幅400×奥行322×高さ240

かなり大きなものも焼けるので
今までご紹介していたように20cm型のシフォンケーキも余裕で焼けるんですが
私のオーブンは17cm以下のシフォンケーキ型サイズが適量のようです。

理由はこれ〜

CIMG4512.JPG

20cmシフォンケーキ型は網だとは入らないんですあせあせ(飛び散る汗)

ちなみに網を使うと熱の伝わりがスムーズにいき、
型の穴部分から熱が移動し
よりキレイな焼具合になります〜グッド(上向き矢印)


なので17cmシフォンケーキ型は網を使って焼き
20cm型は鉄板を使って焼いていますダッシュ(走り出すさま)

CIMG4511.JPG   CIMG4513.JPG


私のオーブンは鉄板を使えば
23cmの型でも入るのではないかと思いますが、

予想するにシフォンケーキ生地が
オーブンの天井すれすれになりそうで。。。

焼き目がつきやすい具材が入っているものは
かなり焦げ目がつくので注意が必要ですパンチ


17cm型と同じくらい20cm型でも焼いて活用していますが〜(笑
自分のオーブンの特徴として知っておくと、失敗した時や疑問に思った時便利です〜るんるん


私がお伝えしていますシフォンケーキ型の選び方の記事はこちら〜
→☆失敗から学んだ注意点!シフォンケーキ型の選び方
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(1)
この記事へのコメント
同じオーブンで、23センチを焼いていますよ

自作の金網で、2センチほど浮かしています

http://instagram.com/p/TodocEsuJW/

http://instagram.com/p/S_uAKQMuFM/
Posted by Snow at 2012年12月28日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。