シフォンケーキ王国! > 失敗シフォンケーキ > 小沢のり子さんの桜シフォンケーキ

小沢のり子さんの桜シフォンケーキ

小沢のり子さんのレシピ本を見て
桜シフォンケーキに再挑戦。

レシピ本はいつもの
シフォンケーキのプロが教えるスペシャルレシピ

桜シフォンケーキってね、
そんなに難しいイメージではなかったんだけれど

前回はきれーに底上げ。
多分桜の塩漬けが底上げの原因だとフリーダイヤル

そう思って今回はしっかり水分を取る。


それに桜の葉の方は風味が良かったんだけど
桜の花はどうも酸っぱかった。

なので、桜の葉は20分ほど、
桜の花は50分ほど塩抜きした。

けれどまだ花の方が酸っぱい。
どーしようか迷ってたんだけどそのまま使用ダッシュ(走り出すさま)


刻んだ桜の塩漬けを入れると
卵黄生地はとってもキレイ。

桜の塩漬け入れた卵黄生地.JPG

同時にプレーンシフォンケーキも焼いてたので
てんぱって写真撮れなかった。


しっかり冷まして再度確認。
筒のところ、やっぱり不安定だ。

桜のシフォンケーキ冷ました.JPG

型から外してみる。

んーーーーー!!!
きばったのに、一部底上げ。

花のところだけだ。
やっぱり花の水分が影響するんだろうかexclamation&question

桜のシフォンケーキ底上げ.JPG

この桜のシフォンケーキレシピって
まるで穴が空いてるような手ざわりなんだけど
空いてないんだよね〜。

それが不思議。

桜のシフォンケーキカット.JPG

きめ細かい食感でなかなか美味。
塩気がいい。

酸っぱい花びらもまぁ〜いいとしよう。
ホントにいいのか?

名古屋の富澤商店で買った桜の塩漬け
葉の方はまだあるけれど、
花の方はなくなっちゃった。

60gだとあっという間だね。

桜の季節が終る前に
桜のシフォンケーキが作れて良かった。
失敗に終ったけれど。


ぼちぼち開花しはじめてるらしい郡上市。
八重桜の開花はもう少し後かな。

今年は桜の塩漬けを作るぞグッド(上向き矢印)

探すと案外なかった八重桜、
親類のおばあちゃんところで発見したのだ☆


冬があるからこそ春が恋しい、
そして桜が恋しいのかもって最近思う。

日本の四季って素晴らしいぴかぴか(新しい)
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146224664
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。