シフォンケーキ王国! > シフォンケーキの材料

メレンゲにコーンスターチを混ぜる

私がシフォンケーキを作り出した最初の頃は
メレンゲに入れなかったコーンスターチ

今はシフォンケーキを作るほとんどの時に
コーンスターチを入れています。


コーンスターチとは、とうもろこしをでんぷんにした
白く粉状のもので無味無臭です〜。


メレンゲを泡立てた際の
最後あたりにコーンスターチを入れます。

コーンスターチをメレンゲに混ぜ込んだ時のシフォンケーキは、
型からの取り外しも比較的簡単〜

シフォンケーキのスポンジもしっかりしたものになり
入れない時よりキレイに出来ると感じていますハートたち(複数ハート)

コーンスターチは吸水性が低くいので、
シフォンケーキに少し入れると仕上がりが軽い感じになり、

生地が安定するのか
きめ細かいスポンジになっていますグッド(上向き矢印)

また、コーンスターチのでんぷんも生地をふんわりさせてくれます〜。


なのでシフォンケーキの生地だけではなく
その他のスポンジケーキにも有効的に使われているようですね〜ひらめき


ちなみに片栗粉は水と一緒に熱を加えると、
とろみがつき冷めるととろみ具合がなくなっていくのに対し

コーンスターチは片栗粉よりとろみの具合が少ないものの、
粘度は温度に左右されません。

なので、コーンスターチは
プリンやブラマンジェなどにも使われています〜。

シフォンケーキにかけるカスタードクリームなどにもいいでしょうね〜
うふ♪(* ̄ー ̄)v
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(1)

シフォンケーキ〜薄力粉とは☆

薄力粉とはシフォンケーキの材料、小麦粉についてでも
お伝えしているように、薄力粉のでんぷんは極細で
たんぱく質(グルテン)の割合が8,5%以下のもの〜
薄力粉.JPG
グルテンは、水分を入れて捏ねると、2種類のたんぱく質
グルテニンとグリアジンが絡み合い
弾力と粘りのある網の目のような組織が作られ、グルテンとなります☆


薄力粉とは、小麦のグルテンが少なく
粒の硬さでわけた軟質小麦から作られた小麦粉ですd(^^*)


強力粉の原材料、粒の硬い硬質小麦は
でんぷん粒を傷つけて粉にするので、粉が水分を吸水しやすいのに対し〜ひらめき


この軟質小麦は、ほとんど無傷というくらいな状態で
でんぷん粒が粉にされるので粉の吸水性は低く、極細が多い
またその他の物質のつながりが弱いのが特徴です

私は同じ小麦から取れるものだと思っていたのですが
薄力粉の個性を生かせる小麦から取れるわけですね〜exclamation×2


パンのような弾力と違い、ふんわり軽い手で簡単にちぎれるシフォンケーキるんるん
だから弾力のあるグルテンの形成が少ない薄力粉が
ふんわり軽いシフォンケーキに向くというわけですねハートたち(複数ハート)

また、この薄力粉のグルテンを生かしたシフォンケーキを作るのが
小沢のり子さんのシフォンケーキです。
詳しくはこちらをご覧ください
☆基本的なシフォンケーキの作り方〜目からうろこ編☆



私は普段はお手軽にスーパーで薄力粉を購入しますが
いろんな薄力粉でシフォンケーキを焼いてみるのもいいものですよね

そして、薄力粉だけではなく
それぞれの特徴を生かして、いろんなシフォンケーキを味わいたいと思っています
゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(4)

シフォンケーキ☆たまごの選び方と保存

シフォンケーキには重要なたまご(卵、タマゴ)
それだけにたまごの選び方には慎重になりますよね〜フリーダイヤル

シフォンケーキに美味しいたまごってどんなだろうって
ガイド役メイプルも常々考えています
(=v=)ムフフ♪
卵.JPG

お店で人気なのは、赤たまご。
確かに白たまごより赤たまごは栄養豊富で美味しそうに見えますよねグッド(上向き矢印)

これは鶏の種類によるものなんです。
栄養価には関係ないんですね〜☆

日本では白たまごが多く出回っています。
逆にフランス、イギリス、イタリアではほとんどが赤たまごなんだそうexclamation

黄身の色は餌によるもので、あえて色鮮やかにするよう
調整してるところも多いそうです。


たまごはもともと完全食品と呼ばれるほど栄養価の高い食品
やはり何より新鮮なたまごを選ぶのがコツですねひらめき


☆新鮮なたまごとは

黄身白身とも厚みがあって弾力のあり
殻から白身がはがれにくいものです。

温度にも左右され、温度の高いところにおかれたものは
卵白も水っぽく卵黄の盛り上がりもなくなってしまいます。
Σ( ̄ε ̄;|||・・・


☆たまごの保存

たまごの白身に含まれるリゾチームという酵素が
細菌の細胞膜をとかすことから、比較的日持ちのする食品です。

そんなたまごですが、ひび割れていると外から細菌が入り増殖するので、
早く食べるようにし、生で食べるのはやめましょう〜exclamation×2

卵の置く向きはとがった方を下にし、まるい方を上にする。
なぜかといえば、丸い方に気室があり細菌が繁殖しやすいので
卵黄がふれないようにするためです。

冷蔵庫で保管しますが、温度の変化にも敏感な為、
通常たまごを置くドアポケットではない方がいいんですダッシュ(走り出すさま)

冷蔵庫での出し入れには注意し使う分だけとりだしましょう〜!


シフォンケーキにはかかせないたまご〜☆たまごの次はメレンゲ作りです!
メレンゲについての記事はこちら→☆シフォンケーキ!メレンゲのコツ


アタマの栄養/卵の上手な保存方参照


ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(2)

基本的なプレーンシフォンケーキの材料一覧

基本となるプレーンシフォンケーキの材料一覧でするんるん
普段のおやつに〜家族のだんらんに〜とっておきな時のデザートに〜
また、自分へのご褒美としても〜ぴかぴか(新しい)

左上から

☆バニラオイル
香り付けとして使用します。(バニラエッセンスでもよい)
無くても美味しいシフォンケーキになりますよ
材料.JPG
とっておきの時にはバニラビーンズを使うとまた違った
香り高いシフォンケーキになります。


☆薄力粉(小麦粉)
基本的なシフォンケーキの小麦粉は薄力粉を使用します。
小麦粉でいろんなシフォンケーキを味わうのも楽しいですよね
シフォンケーキの材料小麦粉について”を参考にいろんな粉で挑戦してみてください〜


☆油
オリーブオイル、はたまたセサミオイルで作っているシフォンケーキもあります〜。
それぞれのお好みで使ってみてくださいね
ちなみに、一番くせがなく利用しやすいのはサラダ油ではないでしょうか


左下にいって

☆卵
シフォンケーキのカギともいえるタマゴ!
卵の味が強く濃厚なものもたくさんありますが
そればかりがいいともいえません。
ぞれぞれの持ち味を活かす為に卵を選んでみるのもいいですね☆

ただ一つは、卵は新鮮なものを使ってください〜


☆砂糖
私日本人達が一番利用している天然甘味料は上白糖ですね。
使いやすい材料ということで、私は上白糖を使っています。

上白糖はクセがあるとう方にはクセのないグラニュー糖がいいかもしれません。
一般的にお菓子作りではグラニュー糖が多く使われます。
そして砂糖というと、世界的にはグラニュー糖をさすそうですね。

他に、さまざまな砂糖があるのでバリエーションを増やしてみると楽しいです


☆水
水分として牛乳や豆乳、変わりダネとしてジュースなど。


シフォンケーキの材料として、ベーキングパウダーもあげられますが
私はメレンゲの力で膨らませています。
詳しくはこちら→☆シフォンケーキ!メレンゲのコツ

↓ベーキングパウダーを使わない理由として参考にしてみてくださいね
☆ベーキングパウダーについて

家にあるものばかりでしょハートたち(複数ハート)
こんなお手軽な材料で、ふわふわしっとりシフォンケーキがつくれてしまうのですひらめき


ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(0)

ベーキングパウダーなしのシフォンケーキ☆

シフォンケーキはベーキングパウダーなしで、
メレンゲの力を代用しふんわりとした絹のような食感をだしたいところ
(*"ー"*)フフッ♪

これは私が一番といっていいほどこだわっているところです。
っというのは〜

ベーキングパウダーは膨張剤で食品添加物で〜
CIMG2422.JPG私はベーギングパウダーなしの
シフォンケーキをと思っています。

っというか、基本的に入れてません〜(=v=)ムフフ♪
※右の写真はよくスーパーで売られているベーキングパウダー。

食品添加物でも種類はたくさんありますよね〜
天然のものから、あやしい化学合成ものまで。。。

でも食品添加物って、今の食生活の中で避けてとおれない。。。バッド(下向き矢印)
じゃあ、自分で作るものを無理なくという思いで
膨らむ重要なカギをにぎっている、メレンゲにこだわっているんですパンチ


ベーキングパウダーの成分

重曹 (炭酸水素ナトリウム)
助剤 (複数の酸性剤)
分散剤(小麦粉、コーンスターチなどで保存の時に反応しない為)

加熱すると重曹が助剤に分解を助けられながら、
反応しアルカリ性の炭酸ナトリウムになる。

アルカリ性(胃などの刺激)を中和する為にアルミの成分が含まれるということ。

そして、アルミはアルツハイマーの原因とされている事をご存知ですか?
私はそれがとても気になり、ベーキングパウダーを使っていないんです。


では、重曹はどうなのかと気になるところ(@_@。
重曹だけだと生地の色が黄色くなり、独特のにおいと苦味が強くなるんです。

重曹の成分

炭酸水素ナトリウム(別名 重炭酸ナトリウム)
加熱すると炭酸ナトリウムと水と二酸化炭素を生じる

色濃く焼きたい時は重曹ということで
和菓子などによく使われます。

重たい生地などは重曹は不向で
ベーキングパウダーがよりふっくらさせてくれます。

重曹は加熱しないと反応しないのに対し、
ベーキングパウダーは常温で水や粉に反応するので、
混ぜ合わせたらすぐに焼くようにしてくださいね〜るんるん



メレンゲがしっかりとしたものであれば
ベーキングパウダーがなくても、しっかり膨らみますひらめき

気のせいかもしれませんが
ベーキングパウダーを使わない方が
しっとりきめ細かいシフォンケーキになるように思います。

メレンゲに関する詳しい記事はこちら↓
☆シフォンケーキ!メレンゲのコツをご覧ください♪


シフォンケーキはベーキングパウダーが無くても
美味しく膨らみます。

でも身近なホットケーキやパウンドケーキ・スコーンには
ベーキングパウダーはかかせないものですよね!

どうしてもベーキングパウダーを使わなくてはいけない、
そんなお菓子には〜
アルミ不使用のベーキングパウダーも売られています。
  ↓ ↓ ↓


ラムフォード・ベーキングパウダー 114g

ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(6)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。