シフォンケーキ王国! > スイーツ☆感激(?)秘話

簡単おいし♪芋きんつばの思い出

芋がたくさん取れたらしく、簡単に作れる芋きんつば作ってみました。
素朴な美味しさが魅力な芋きんつばるんるん

これを作ったのは、今から数年前多分2003年くらいだったかな〜
今尚更素朴なお菓子が好きになってますヽ(=´▽`=)ノ


素材がいきるお菓子って魅力的だと思うのです。
なので、今年から黒豆も結構煮ているかなぁ〜

勝手に解釈して素材がいきるように
芋は裏ごしをしず混ぜ込んだのですけどね、

かえってそれが芋の食感を出し
美味しかったのかもしれませんひらめき
(ただ面倒なだけだったんですけどね爆)


その時作った芋きんつばは、形も大きさもばらばら
均一さはまったく無く、ぶさいくな芋きんつばです。

形つくりが上手くいかなかったんですよね〜ダッシュ(走り出すさま)
四角くするんですけど、四角とはいいがたく。。。

手で丁寧に形作ってるつもりが。。
毎度変形する芋きんつばたらーっ(汗)


斜めにかたむいた芋きんつばに
白玉粉と薄力粉(多分)などまぜて水でといた液につけ
ホットプレートで焼くんですけどね

これがまたおかしな形になるんです( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
和菓子職人にはむかないと確信しましたわ〜!


友達が集まってパソコンを学ぶ会みたいな感じで
わいわいやってたサークル

そのサークルに芋きんつば持っていくつもりで
作ってたんですけどね

こんないびつな芋きんづば、
自分の恥をさらすようで〜(爆

やめようと思ったんですけど
せっかく作ったのだからと、

友達の美しいお菓子の中の一部としてそっとさしだしたのでしたたらーっ(汗)


でもね、これが大受けグッド(上向き矢印)
作り方教えて欲しいといわれ、気分上々で帰宅ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ

こんど黒豆入れてぶさいくきんつば作ってみようかなるんるん
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(0)

三重県伊勢市の虎屋ういろ

三重県伊勢市の“虎屋のういろ”はワタシのオススメな和菓子の一つ。
名古屋はういろうで有名ですが、断然虎屋のういろが美味しい(と思う)

虎屋のういろとの出会いは今から6年ほど前
仕事先のおばちゃんにいただいたのです〜るんるん

ういろをばかにしていたワタシですが
この美味しさに感激でした!


虎屋ういろは、もっちり舌触りもよく、風味も抜群
ワタシは特に黒糖、抹茶味のういろが好きですハートたち(複数ハート)

黒糖、抹茶という和素材が大好きになったせいか
それからういろうだけでなく、和菓子が大好きになりました。


ワタシがイメージしてたういろうという存在は
食感は羊羹と違うというだけのもので
少し歯ごたえがあるだけという感じでした。

虎屋のういろは、もちっぷるんとしていて、
歯ごたえと、ほどよい甘さがたまりませんぴかぴか(新しい)


そんな虎屋のういろの歴史は
創業大正12年から続く三重県伊勢市の老舗ひらめき

伊勢地方では、黒砂糖でつくられたういろが昔からあります。
虎屋のういろは黒砂糖のういろを含め定番商品は9種類。

その他季節限定商品として、
今では約35種類のういろがあるんだそうでするんるん

防腐剤など使わない生ういろを作る虎屋のういろ
美味しいういろを追求しアレンジをしているのが伝わります

虎屋ういろ.jpg

虎屋ういろHP
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(0)

オーストラリア☆ワーキングホリデーでケーキショップ

オーストラリアにワーキングホリディーに行った時に
働いていた思い出のケーキショップのお話しでするんるん

場所はオーストラリア、シドニーのチャイナタウンの中や
シドニー郊外に支店を持つケーキショップで働いていました。


ボスは台湾系オーストラリア人。
とても良い人で、いつもよくしてくれました。
ホントにお世話になったなぁ〜ひらめき


そこのケーキはとっても美味しくって
飽きずにたくさん食べました。

ワタシ達日本人にも愛される味で
特にアジア系の人達に人気があるお店だったんですグッド(上向き矢印)

なぜかって、オーストラリアのケーキって
強烈に甘く、ワタシ達日本人を含めアジアの人達にはキツイ味(だと思う)

その点、ワタシが勤めていたケーキショップのケーキは繊細な味(?)
とっても美味しかったなぁ〜ハートたち(複数ハート)

実は、そこのケーキを食べ過ぎて(?)
8キロも太りたらーっ(汗)

真っ黒に日焼けして日本に帰ってきたワタシを見た母は
影で泣いたということ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

これは後に知った話です(爆


そんなワタシを太らせた原因の一つ
“TARO”というタロ芋原料の紫色したロールケーキ。

TAROは絶大な人気があって、
ロールケーキもホールケーキも一番売れていました。

ロールケーキはTAROだけでなくたくさんの種類があって
15センチ弱の長さで手で持って食べるお手軽ロールケーキ
いっぱい食べた〜手(チョキ)


ホールケーキはよくバースデーケーキ注文を受けつけたっけ〜

台湾、中国の人の“Thursday”が聞き取れなくって、
よく間違えて、ボスに怒られたこともとってもいい思い出かわいい

そして、バースデーケーキといえば
ろうそくの赤がすぐなくなり焦ったことがありました。

台湾中国では赤が縁起がよいとされているので皆、赤を頼むんですひらめき


その他、月餅や台湾独特のお菓子もたくさん並んでいました。
あまり見栄えがよくなかったので
最初の頃はあまり食べなかったんですけどね〜

ラウンドというオーストラリア国土を周る旅に出かけると決め
全部食べておこうと、出かける前に全部お菓子を制覇したワタシ。

どれもこれもホント美味しいんですよね〜ハートたち(複数ハート)
もうびっくりでした〜☆

日本の小豆のよりもっととっつきやすくって、
ナッツなども入っていたので香ばしかったですぴかぴか(新しい)
どれもとっても美味しかったなぁ〜

また行きたいオーストラリア
ボスやみんなはどうしてるだろうか〜

そんな思い出にふけっていまするんるん

シドニーオペラハウス.jpg
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(2)

手作りかぼちゃプリン〜高校生の時の思い出☆

今でも大好きな母の手作りかぼちゃプリン
高校生の時から大好きです♪

母が作ってくれるかぼちゃプリンは蒸すプリン〜
裏ごししない、皮ごとミキサーでごりごりしちゃう

繊細とはいいがたい
でもそこがまた美味い〜!そんなかぼちゃプリンハートたち(複数ハート)

芋おんなのワタシはいつもそのかぼちゃプリンを
母にリクエストして作ってもらっていました〜うふ♪(* ̄ー ̄)v

一番最初は衝撃的で、
こんなプリンは初めてーーってグッド(上向き矢印)
感動したっけ〜☆


小学校の頃はヨーロッパの伝統的なお菓子ばかり作りましたけど
高校になると、簡単なお菓子作りばかりしてます

そんな時に出会ったかぼちゃプリン
素朴さにひかれたんですよね〜ひらめき

多分オーブンの憧れから少し冷めて
家にはケーキを焼くようなオーブンは無いんだと思い

着実に作れそうなものを作る方向に
目がいったんだろうとも思うパンチ


そんなかぼちゃプリンを私が最初に作ったのも、
同じく高校生の時だったと思います

母が作ってくれるようになった前のことで
「プリンのかぼちゃ」というモノにものすごく興味があったんです

以前から食べたいと思っていた
かぼちゃプリンを作ってみたところ


プリンにかぼちゃが入ってんのよぉーって感じで〜ダッシュ(走り出すさま)
家族のみんなは横目で見ながらも、手をつけず。。。

しょうがないので一人で完食してます(笑)


やっぱりどんな美味しいものも
1人で食べるより大勢でわいわいと取り合うくらいが美味しいんだと
そんなふうに思ったかぼちゃプリンの思い出でするんるん
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(4)

栗羊羹の美味しさに感動〜信州小布施の栗羊羹

今もそれほど羊羹は好きじゃない私がとっても好きな
信州小布施の“桜井甘精堂の栗羊羹”

中学の時、父が長野に出張に行って
お土産に買ってきたのがきっかけでしたひらめき


栗が見えるように入ってる羊羹ではなくって
生地に混ぜ込んであるんです。

その風味は抜群で、まさしく栗の羊羹という感じ!
こんな美味しい羊羹は初めて〜〜ってみんなで感激したんですハートたち(複数ハート)


そんな、とっても美味しい信州小布施の栗の歴史は
600年という長い歴史を持っているんです。

故郷の丹波の国から栗を取り寄せた当時の領主、
荻野常倫がきっかけとなって栗がひろまったんです

室町時代から続いている信州小布施の栗は
土壌もあっていて、江戸時代には栗林が出来ていたということ

品質も良く味もいいということで、将軍家に献上されていたんですって〜ぴかぴか(新しい)

そしてこの栗を使い初めてお菓子を作ったのが
桜井甘精堂初代・桜井幾右衛門氏

桜井甘精堂は創業200年を迎える老舗
いろんな歴史をもってるんですね〜!!!
歴史にうとい私は、食べ物から入れば歴史も頭に入りそうだ〜(爆


子供の頃はホント羊羹は苦手だったんです
ただ甘いだけの小豆という感じで。。。
そんな私には、目ぱちくりの桜井甘精堂の栗羊羹でしたグッド(上向き矢印)

普通にある栗がごろごろ入ってる栗羊羹があったら、
母の目を盗んで栗だけ食べてたっけ(笑

あっでも、栗羊羹の中の栗も思ったほど好きじゃないかもです。

今でも羊羹自体は好んでは食べませんけど、
お茶と一緒に食べる羊羹は時折美味しいなって思うかな揺れるハート


それにしても子供の頃って、和菓子全般苦手だったのに
大人になるにしたがって好きになるのはどうしてなんだろ〜

今はシフォンケーキのとりこになっているけれど
シフォンどら焼きとか〜

シフォン羊羹???これはアウトだわ(笑
何かもっと和のシフォンをつくってみたいな(*"ー"*)フフッ♪


桜井甘精堂HP
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(4)

初めて焼いたスポンジケーキの思い出

学校の家庭科の授業で作ったスポンジケーキが初めての作品
簡単に成功したのを実感して、こんなんなら私でも出来る!!!

いつも気だけ大きくなる私は
早速家でチャレンジしてみたんですよね〜パンチ


ただ心配だったのは。。。
小さなオーブンレンジっというか電子レンジ

わずかなオートのオーブン機能しかついてなくって
なぜか途中でレンジに切り替わってしまうあせあせ(飛び散る汗)


そんな不安もありながら〜授業のとおりにチャレンジダッシュ(走り出すさま)
オーブンレンジに入れるまではしっかり順序よく出来たなと確認!

オーブンレンジに入れて・・・スタート!


見守る目に力がこもります(▼ω▼)ジーー

どんどん膨らんでるわぁ〜グッド(上向き矢印)

期待も膨らんでいるものの
それは学校で作ったのとちょっと違う形の膨らみ方で。。。

学校のは全体が膨らんでいる感じ
私のは、まん中だけが膨らんでる感じで、円盤型

でも勢いよく膨らんでるケーキの姿に
嬉しくってたまらなかった〜( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ


焼形が終り、オーブンレンジを開けたら
しゅ〜〜〜〜ん。。。。。見事にスポンジケーキはしぼみ〜バッド(下向き矢印)
がっかり。。。。(´Д`) =3 ハゥー


でもってね、中を切ると真中に大きい空洞が!
回りの生地はかたく、ゴムのよう(爆

多分ね、全部の気泡がまん中に集まったんだね( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ


生クリームをつけて何とか食べたスポンジ(?)ケーキ

まぁ〜、生クリームがあれば、どんなものも美味しいはず(笑
みんなも何とか一切れは食べてくれたっけな


その後、数回リベンジしますが結果は同じく失敗

それからというもの、スポンジケーキに対しては
大きい壁となっていたんですexclamation×2


2006年春に思い切ってオーブンを買ってから
シフォンケーキで成功した時の嬉しさは格別で感動でしたぴかぴか(新しい)


だからこそ、シフォンケーキの魅力にとりつかれてるのかもねjё_ёjj エヘ♪
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(4)

アイスクリーム作りに初挑戦の思い出

アイスクリーム全般が好きでしょうがなかった子供の頃
初めてアイスクリーム(!?)作りに初挑戦


なんとかアイスを手軽に食べれないかと〜
勉強しないで、そんなことばかり考えてた私(笑

そんな時“美味しいアイスクリームの作り方のレシピ”
なるものを発見ひらめき

喜びいさんで作ったんですヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪


あれは確か家庭の知恵みたいな本(題名忘れました)
古くって、字しかない本だったけ〜


材料は確か。。。
卵と砂糖と牛乳だけで、数時間おきにかき混ぜるレシピ

こんな材料でいいのぉ〜グッド(上向き矢印)!!!
喜びは倍増したんですけど〜それもつかの間

アイスクリームの原形すらない、といた卵と牛乳が固まった感じ。。。
そんなアイスが出来上がり、がっかりしたのを記憶していますわ
・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・

やっぱりアイスのような洋モノ(!?)は子供には無理なのね。。。
中学生だった私のはかなき夢はやぶれました(笑


大人になってから生クリームを使って、
アイスは数回作ってますが〜パンチ

はっきりいって、失敗ばっかです(;^_^A アセアセ・・・


そんな私は学校の帰りには友達と
“スイカのアイス”を食べました〜パクッ(* ̄0 ̄)●ゞ

スイカの形をしたアイスに、種はチョコるんるん

夏の暑い日はこのアイスがたまらなく美味しくって〜
立ち話をしながらよく買い食いしたんです。


ある日、いつもなら、学校帰り友達と話して、
さようならってなるんですけど

話も食欲もとまらなくなって(爆

お店のスイカアイス
二人で全部たいらげてしまったことがありますダッシュ(走り出すさま)

お店の人、結構迷惑そうでした〜
<( ̄∇ ̄)ゞゴメリンコ〜♪


シフォンケーキにアイスはあうもんね〜
またチャレンジしてみよっかな☆
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(2)

ダイエットに関心が強かった頃のデザート♪

ダイエットにとっても関心があった高校生の頃
私のデザートといえば、とにかくたくさん食べれるものが一番でしたひらめき

なんせ、とってもよく食べる子だったのです〜
っというか、食い意地がはってるという意見も(爆


小さい頃に比べれば、
お菓子作りはそれほどしてなかった高校生時代ですけど

手軽に作れて低カロリーなデザートは結構作ってたかな〜るんるん


杏仁豆腐、コーヒーゼリー、ババロア、マシュマロ、

高校の時は友達もダイエットしていて私も興味深々だったんです
たくさん食べたい!けれど太るのはいや〜ダッシュ(走り出すさま)


そんな思いをかなえてくれるデザートに走しってましたけど
比較的水っぽい系のデザートが好きだったなぁ〜


杏仁豆腐はたまに牛乳の濃いとこが沈んだ状態でかたまりパンチ
それでも美味しくぺろりと食べちゃって〜

いつもみんなでわけあって、
わいわい食べていたいい思い出ハートたち(複数ハート)


粉末の寒天が売り切れていた時があって、
棒寒天を使って杏仁豆腐を作った時はいただけなかった

棒寒天を手にとった瞬間、天草の独特の匂いがするんです

これ使っても大丈夫だろうかかぁ〜たらーっ(汗)
そんな思いで棒寒天を見つめながらも

水につける行程が必要なので、
心配ながら水につけたんです。

だけどいやっというほど水につけても天草の独特な匂いだけでなく
天草の間についている汚れのようなものがとれませんでした

味といえば、それはもう不味くて〜
なんでも食べる妹も手をつけないほどあせあせ(飛び散る汗)


またコーヒーゼリーも、
ダイエットに感心がある私の最適なおやつでした。

ダイエットに関心のない家族みんなも大好きで、
分ける時にはみんなが量の多いモノを狙ってましたるんるん


デザートは無難に全部美味しくいただけていますが

エピソードでご紹介しているアイスボックスクッキースポンジケーキ
同じく失敗しちゃい、リベンジはたしていません〜パンチ
いつかリベンジしなくては〜jё_ёjj エヘ♪
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(0)

和スイーツの思い出〜白玉だんご

小学校の時の家庭科で白玉だんごを作った時は
和のスイーツでもこんなに美味しいものがあるんだと
感激したっけハートたち(複数ハート)


授業で習ってから家でもよく作りましたけど
もう、あの時のマイブームから作っていません

白玉粉をといて団子にして〜茹でるんですね。
そしてきなこでまぶす。


こんなにぷりっとした団子が出来るのが感動でしたぴかぴか(新しい)
団子といったら、もち米をついたものしか知らなかったんですよね〜

お母さんが作るおはぎやきな粉餅も美味しいんだけど
おやつというより食事で〜るんるん


子供の頃は、きな粉が大好きであんこはあまり好きじゃなかったから
きな粉ばかりたくさんつけて食べてましたけど

大人になったら、あんこも大好き〜グッド(上向き矢印)
もちっとした団子にあんこがまた合うんですよね!

あんこでいえば和のものも合うシフォンケーキ
よもぎやあんこ、そば粉やきな粉で作るシフォンケーキは
なにか懐かしい、素朴な味わいが美味しいケーキでした揺れるハート


子供の頃のいろんな思い出があるからかな
スイーツもので白玉団子が入っていたり
あんこやきな粉はなおさら嬉しい!!!

あっそういえば、シフォンケーキに白玉だんごを刻んで入れてみたら
どんなんになるだろうっとも考えてます!
ちょっとした勇気が要りそうですけどね(笑

もっちりが大好きな私は、もっちりシフォンケーキってのも
いいかも〜って思っていますわーい(嬉しい顔)
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(2)

アイスボックスクッキー&春巻きの皮に? お手軽手作り菓子

お手軽なお菓子だと思ったアイスボックスクッキーに
何度か挑戦した中学生のころ

小学校の時よりお菓子作りへの情熱は薄れていたけれど( ̄− ̄)
アイスボックスクッキーはちょっと高級感があって好きでした。

よく食べていた、いつものクッキーにも飽きて、
アイスボックスクッキーに挑戦した私ですが。。。


アイスボックスクッキーは材料を合わせて、
棒状にしたクッキー生地をラップでくるみ

冷凍庫に入れて冷やし固まらせ、
それをカットして焼くというものるんるん


でも。。。(・・;)

材料を一緒にした時にはいつもベタベタたらーっ(汗)
ラップで巻くにも巻けなくって、何とか長く棒状にして冷蔵庫へ。

見ればだらりとたれたクッキー生地が
たよりなげに冷凍庫に横たわり

カチンコチンに冷えた生地を取り出し焼く行程では
カットした姿はなんともいびつな形バッド(下向き矢印)


そして、それを焼いた時にはびっくりexclamation×2

全部原形をなくして、一枚の薄いクッキーになっていました。
味はパリパリして美味しかったんですけどね(笑

薄皮クッキーみたいな感じで〜
ラングドシャーのいびつ版みたいな( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

でも何度やっても私が作るアイスボックスクッキーは
一枚の板になったクッキーに。。。


アイスボックスクッキーがどうしても上手く焼けないので
あきらめてからは、再び無難な普通のクッキーをよく焼いたっけひらめき

友達の家にいって学校の事とかたわいもない話をしながら、
おやつ用に一緒にクッキーを手作りしてました。

大雑把な私は計ることなんかせずいつも適当
ココアを入れすぎて、もさっとしてたけれど、
それなりに美味しかったです(笑


大雑把ついでに、冷蔵庫にあった春巻きの皮にも
チョコを入れたり、チーズを入れたりして、揚げて食べたり〜

チョコ、チーズ共にとけて油に流れ出し、
油がすごいことになっちゃいましたけど(汗

春巻きの皮が美味しく、
ほのかなチーズとチョコの味が美味しかったですグッド(上向き矢印)


失敗することがないだろうと思ったスイーツ(?)をチョイスし
安いお手軽な材料で作れるものを好んで作った中学生時代

みんな色っぽくなっていってるのに私はガキンチョって感じだったなぁ〜
多分、色気より食い気がはしってるんでしょうね〜(笑
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(0)

マリーアントワネットに憧れ☆ 最初に手にしたお菓子レシピ本

マリーアントワネットのキラキラ輝いた目や、
ドレスなどにとっても憧れてい子供の頃(*ё_ё*)きゅん・・

私が最初に自分のものとして
手にしたお菓子レシピ、おかしづくり紹介の本

漫画形式で、マリーアントワネットが登場したものですひらめき

それは今田美奈子さんの本で、出版社は小学館、
でも本の正式題名は忘れました。。。

今田美奈子さんの愛のフランス料理シリーズ
(小学館ミニレディー百科シリーズ)だったかなぁ。。。


ヨーロッパのお菓子の本という感じでするんるん
姉がシリーズになっている本だったと言っていたので。
今田美奈子さんは現在もお菓子作りなどで著名な女性の方です。


この本を買ってもらったのは、高度なケーキを作りたい
と思った小学校3、4年くらいからだと思います。


物語、少しマンガも入ったようになっている
ヨーロッパ、特にウィーンのお菓子の、
伝統的なレシピが掲載されていたんです。


物語はマリーアントワネットが中心に描かれていて
子供の頃から、フランスに渡った数年のことが、
様々なお菓子とともに紹介されていました

なんてステキなお菓子ばかりなんだろう〜

マリーアントワネットのドレスや身につけているもの
すべてがキラキラしてました。


そして、そんなキラキラしてるマリーアントワネットが食べてるお菓子や
その他、紹介されているお菓子はとても高貴なものに映ったんですぴかぴか(新しい)

ホットケーキが膨らむのに感動しなくなってレアチーズやレモンクリームパイのような
簡単なものでなくってワザが光るものが作りたい!!!


当時、日本のお菓子はダサいと思っていた私。
そのマリーアントワネットに憧れ、ヨーロッパやアメリカに憧れていたのかもしれません。

こういうお菓子に囲まれて過ごしたい!って思いで、
胸をときめかせていましたるんるん


そんなことで、よく作ったのが
アプフェルシュトゥルーデル ウィーン菓子&オーブンに憧れ
でご紹介した、アプフェルシュトゥルーデルです。


小学校の頃、よく読んだ漫画は
ただひたすら、欧米のお菓子が似合う漫画ばかりを読んでいたかな

一体、どこの国の出来事なんだろうと思わせる、
名前から見れば日本人なのに住んでる家は伯爵が住んでるような、

なんで違和感持たなかったんだろうって思うような
そんな漫画もよく読んだっけ〜(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

漫画の中でよく出るスイーツは
紅茶とケーキ、クッキー、アイスクリーム

間違っても、団子やあんこ餅などは登場しないですね(笑)


2008年現在、漫画はほぼ読みませんが
こんなに漫画に感化されていたとは〜ダッシュ(走り出すさま)
この記事を書いていて初めて気付いた私です(笑
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(0)

アプフェルシュトゥルーデル ウィーン菓子&オーブンに憧れ

“アプフェルシュトゥルーデル”というお菓子。

オーブンや、ウィーン菓子にも憧れた小学校の頃
難しいウィーンのお菓子ばかりに挑戦してました。

簡単に出来るレアチーズケーキやレモンクリームパイより、
オーブンを使って、生地を焼く高度なものがいいと思うようになっていました
(=v=)ムフフ♪


そんな中でも“アプフェルシュトゥルーデル”というお菓子に、
なぜか、とってもこだわっていた私パンチ

りんごに砂糖やシナモンをまぶし、
薄い透き通るようなパイ生地で巻いたスイーツ


薄い皮が巻けなくて何回も失敗してあせあせ(飛び散る汗)
結局成功した憶えはないにもかかわらず。。。
懲りずに親戚のおじさんにまで披露しました( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

おじさんは何も言わずもくもく食べてた印象。
今から思うと、皆頑張って私の作った物を食べてたんだろうと思います(笑)


私達日本人に一番馴染みがあるウィーンのお菓子といえば、
ザッハトルテではないかと思いますひらめき

その他代表的なのが、アプフェルシュトゥルーデル、バニラキプフェル、
クグロフ、カーディナルシュニッテンがあります。

ウィーン菓子は形に特徴のあるものも多く、子供の頃は特に心惹かれ
生地や奥深い味はひと味違った美味しさ〜☆だと思う。。。(失敗してるので!)

ウィーン菓子は生地が主となっている焼き菓子が多く、今では優雅なウィーンのお菓子!
でも当時は素朴でウィーンの菓子職人達によって華やかになっていったようですぴかぴか(新しい)


そんなウィーン菓子は“ハプスブルク家”の歴史と深く関わっています

ハプスブルク家といえば、みなさんご存知、
あのマリーアントワネットが、ハプスブルク家出身なんでするんるん

ハプスブルク家はオーストリアを中心に統括し領土を拡大していた王家。
その方法とは他国との縁組、政略結婚というものでした。

オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、チェコ、
スロバキア、旧ユーゴスラビア、ポーランド、ロシアやルーマニアの1部などといった

非常に広範囲の領土を歴史の中で次々と所有していったハプスブルク家。
「陽の沈まない帝国」と表現されたほどの強大な勢力でしたひらめき

その威力は13世紀後半から19世紀はじめまで続き
640年間という長い間強い勢力を持っていた一族です。


マリーアントワネットはフランスに嫁入りしてますよね。
クグロフはマリーアントワネットが嫁入りする際に
職人同行で持ち込んで知名度を高めたとも言われていますグッド(上向き矢印)


そのため、各国の食文化が伝わって、オーストリアの中心ウィーンには、
いろんな国からのお菓子文化が混ざっているんです。

例えば、小さい頃私がよく作って失敗したアプフェルシュトゥルーデルは
トルコから伝わったとされています。



私が懲りずに挑戦したのはアプフェルシュトゥルーデルの他に
バニラキプフェル、クグロフ、

フランス菓子ではマドレーヌ、サバラン、ガレットデロワ
に挑戦しました(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


“ハプスブルク家”を調べていくうちに思い出したんですが〜

私がよく作ったアプフェルシュトゥルーデルの
レシピ本はマリーアントワネットを中心とした漫画的な本でした。

多分、そのころベルサイユのバラみたいなその時代の漫画が流行っていて、
周りのみんなも、とても憧れていたという感じハートたち(複数ハート)


その本の中のレシピは、ほとんどが焼き菓子だったので、
もともとオーブンに憧れていた私は更に憧れを増していったんです。


それに対して家にあるのは、わずかな機能がある小さなオーブンレンジ
一人暮らしのレンジがいる人向けのような、そんなオーブンレンジでした。

もちろん温度調節もなかったんですが、わずかながらのオート機能のスポンジがあったんです。
そのオート機能で焼きました。

長時間使用したら、なぜか途中でオーブンからレンジに変わるので
思うような生地は焼けず、生焼けだったり。。。

分厚いスポンジ生地はほとんど失敗しましたダッシュ(走り出すさま)
( ̄ー ̄; ヒヤリ

ただ、クッキーのようなバニラキプフェルと、小さめスポンジのお菓子マドレーヌは
成功し美味しく食べました〜(*^¬^*)ウィーッモウイッパイ


成功したようすもないオーブンを使って作った焼き菓子の思い出。
子供の頃から大物の焼き菓子に対しては特別な思いがありました。


そんな思いをひきずって、初めて買ったオーブンを使って、
初めて焼いた焼き菓子がシフォンケーキでした。

だから、シフォンケーキのとりこになってしまったように感じていますぴかぴか(新しい)



ウィーン菓子とハプスブルク家の歴史について参照



ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(0)

レモンクリームパイ♪ これも小学校の時に作った思い出のお菓子!

このレモンクリームパイも、その見た目、味わいに、
レアチーズケーキ 小林カツ代さんのたのしいお菓子(1)で、
お伝えしたレアチーズケーキと同じく、感激でした〜ぴかぴか(新しい)

「たのしいお菓子」小林カツ代さんのレシピ本を見て、
作った、簡単レモンクリームパイ♪

CIMG4586.JPG

卵黄、レモン、小麦粉、牛乳、ゼラチン、砂糖など混ぜ合わせ
それをバターとビスケットで固まらしたボトムに流し込んだ
簡単、お手軽なお菓子。


子供の頃の私にとってにとって、高い素材を買わなくもいい簡単お手軽さに加えて
この美味しさと高級感に感激した一品ハートたち(複数ハート)

小林カツ代さんはこんな普通の材料で簡単に高級デザートも作ってしまうと
子供心に尊敬のまなざしでした(笑

あっそういえば、シフォンケーキで卵黄が余ることもあるから
レモンクリームパイを作っちゃえばいいんですね〜☆

久々にこの本でレモンクリームパイ作ってみようかな〜ひらめき
多分otto君は大好きな味だろうから、半分くらいいっぺんに食べてしまいそうです


レモンクリームパイにしろ、レアチーズケーキにしろ、
卵黄しか使わないので、卵白の使いみちに、
母が困っていたのを思いだしてましたヾ(´ー`)ノ


今からおもうと・・・
ホント母は私達が何か作るということに寛大だったと思いますexclamation

お菓子はそんなに買ってくれなくても、
お菓子作りの材料は結構買ってくれました。
シフォンケーキ作りへの活用など、大変役立っていますグッド(上向き矢印)
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(2)

レアチーズケーキ 小林カツ代さんのたのしいお菓子(1)

今も変わらず大好きなレアチーズケーキ
とにかくケーキという言葉が高貴に思え憧れてていた
私が小学校低学年ごろのエピソード〜


この辺で見るお店のケーキといえば、
上にパンダのような人形が乗っているバターケーキが主流で。。

見栄えはまだまだ良いものの。。。
口の中に入れると油が口に広がり気持ち悪くって仕方ないバッド(下向き矢印)

ケーキってこんなにマズイものなんだと最初思っていたんです。
それでも見栄えの良さに心惹かれ〜フリーダイヤル

テレビのアニメの中でカワイイドレスを着た女の子と
ケーキが出てくるのとで、とにかくケーキに対する憧れは増してましたハートたち(複数ハート)


そんな中、チーズケーキというものをよく耳にするようになり
とろけるような口当たりと風味に感激したのを思い出しますぴかぴか(新しい)

子供の私から見た最初の印象はバターケーキより見かけは悪く
なんて簡素なケーキなんだろうって感じのチーズケーキでしたが〜(笑


食べて感激☆このケーキの中にはクリームチーズという高価なものが
入ってるんだ〜って感じでした俳(*'o'*)o ウオオォォォォ!!

小学校の時は、材料のクリームチーズなど乳製品全般が高く、
おこづかいを貯めてはクリームチーズを買っていたっけな

チーズケーキを作れたのはスペシャルな日くらいで〜
そんなに作れませんでした。


そんな時、母がヨーグルトで作る
レアチーズケーキのレシピ本を購入!

農協かどこかで買ってきた本らしく
「たのしいお菓子」小林カツ代さんのレシピ本でした。
私も妹と、その本を見ながら、よく作りました〜るんるん

CIMG2500.JPG

当時、子供の私から見て、とてもお洒落に見えなかったその本には、
手をつけなかったんです(小林先生ごめんなさい)


でも、誰か多分妹が作ったレアチーズケーキやレモンクリームパイに、目からうろこ☆
早速再び妹を誘ってレアチーズケーキを作りました。

新品の何かのキャラクターのエプロンを身にまとい、
母に紐を通してもらってわくわく気分でスタートグッド(上向き矢印)


ヨーグルトは水切りしておくんですが、
安易にペーパーで水切りすると、
ペーパーがちぎれることがあったこともあったっけ〜

ヨーグルトの水気がとれて、白いチーズのようなヨーグルトになっている
そんなヨーグルトの知らない姿にも感動していました。
うふ♪(* ̄ー ̄)v

作業自体はとても簡単だったので、
どこもそんなに汚れることもなく無事終了〜☆

最後に冷やす時はしっかり固まってくれっという願いをこめて冷蔵庫に〜
ちゃんと固まっているか心配で、数分おきに見に行ってました目


冷蔵庫からちゃんと固まった姿ででてきたヨーグルトで出来たレアチーズケーキ
ちゃんとゼラチンが固まってくれたことにもほっとしつつ〜

ケーキを切ってみると、
まるでお店で売っているかのようなケーキが!!!
テレビアニメで出てくるヨーロッパの女の子のような気分になっていました私(笑



作った人は必然的に味見などで、
誰よりも多く食べれるのがうちの暗黙のルールだったので〜

妹とレアチーズケーキのはしを切っては味見と称し、
よくつまみ食いしましたヽ( ̄▽ ̄)ノ ナハハ♪

ヨーグルトで、こんなに美味しいレアチーズケーキが作れるなんて〜
口当たりはなめらかで、しっとりしていてぴかぴか(新しい)

レモンの風味がさわやかなんです〜♪いくつでも食べられる〜
美味しーーー再び感激!

なめらかなレモンの爽やかな味が、子供の私達には
ただのおやつではなくとても高貴なデザートに映っていました(笑

そんなエピソードを思い出して作ったのが、
後々公開されます、ヨーグルトのシフォンケーキですひらめき


出来たレアチーズケーキは、
人数分カットして家族で食べたと思うんですが、なんせ5人姉妹弟。

両親は忙しいということもあって少ししか食べず、
私達が食べ盛りということで、
ほとんど私達5人でたいらげていました("▽"*) アヒョ

家族愛も姉妹弟愛もなかった私です(笑
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(0)

膨らんでる〜ホットケーキに感激〜!

材料入れるだけでふんわり膨らんで優しい味のホットケーキ
今ではホットケーキって一番身近につくれるおやつかもしれませんねるんるん

私が小学生のとき、我が家でも
ホットケーキづくりにはまった時期が〜〜〜\(o⌒∇⌒o)/

シフォンケーキに、今はなるべく使わないようにしてるベーキングパウダー
そのベーキングパウダーに初めて感激したのも、この小学生のときでした〜

私が最初に作ったおやつでもお伝えしたとおり、
そのクレープづくりにはまってる最中に、
ベーキングパウダーなるモノを知って小学生の私はびっくり〜☆

なんでこんな風に膨らむのか〜ふんわり軽いホットケーキ
すごいワザがないと膨らまないって思っていた私フリーダイヤル

とにかく膨らむということに感動して
ホットケーキに夢中になりましたひらめき

この魔法の粉を入れれば、かたいケーキが
ふっくらとしたケーキになるーーー!!!

嬉しくなった私はベーキングパウダーをふんだんに入れたっけ〜
ヽ( ̄▽ ̄)ノ ナハハ♪
そんなホットケーキは苦かったことをよく思い出します(笑


その後、ホットプレートが出始め、
更にキレイにホットケーキが焼けるようになって更に感激〜

「まるでお店で食べるホットケーキみたい〜ハートたち(複数ハート)
キレイなホットケーキはお店でしか食べれないと思っていた私達には
ホットプレートはベーキングパウダーに匹敵するくらい衝撃的でした。


更にその後、ホットケーキミックスが出てきて
全くお店と変わらない出来具合に満足〜
でも〜それから興味の対象から外れていったんです(..)

ホットケーキミックスがあれば、カンタンですもんね♪
やっぱりあまりにカンタンにできるのも、
作るのが好きな私にとってはあきるのかなぁ(笑


でも、ホットケーキもおいしいですよね♪
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(0)

草餅争奪戦 和菓子おいし♪

草もち!最初に和風のもの、和菓子で美味しいと思ったのは
小学校の時の母が作った草もちでした〜。

その草もちは、摘んできたよもぎを使ったもので、
茹でて処理したよもぎと白玉粉と何かの粉を混ぜて(何かを忘れちゃいました 笑)
それを丸く平たくして小豆を入れ二つ折りにはさんだものひらめき

母に聞いたら、何か新聞かなんかに載っていたレシピらしく
どうやって作ったか忘れたと言っていました(^_^;)


甘さ控えめに作ってある小豆がよもぎの香りとよくあって
みんなで競争で食べたのをいい思い出として記憶していますハートたち(複数ハート)


従兄弟が遊びに来た時は、これまたすごい戦争でした!
世界子供戦争のような感じ〜(笑)

実はその従兄弟は一人っ子で超小食。
食べることには興味がないって感じなんです

5人姉妹弟だった私達には
とても信じられないことエッ? (;゚听)ノ マジ?

そんな従兄弟が私達に負けずと良く食べるのを見て
従兄弟と一緒に住んでいるおばあちゃんが喜んで
ありがとうと言ってくれました。
「いつもは食べないのに今日はたくさん食べるっ」て!

そんなことは当の私達にはなぜなのか知ったことじゃーなく
ライバルが1人増えたという思いしかなかったんですけどね(笑)


そんな和菓子としての草もちの魅力をいかしたのが、
よもぎと小豆のシフォンケーキでするんるん

このよもぎと小豆のシフォンケーキの中に、
白玉団子を刻んでいれてみると、どうなるかなぁ〜(笑
これ新商品になるかもしれませんうふ♪(* ̄ー ̄)v

ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(0)

私が最初に作ったおやつ

クレープは、一番最初に自分で作った、おやつですヽ(*^^*)ノ
小学校低学年の時に作った、そのクレープ!


当時、母が作ってくれるケーキといえば〜
かたいケーキとしか印象がなかったんですダッシュ(走り出すさま)

保育園の時はホットケーキミックスというものが
なかったように思います。

っというか、ホットケーキがなんなのか
それ自体あまりよく知らないくらいで〜


そんな母が作ってくれるケーキは
今想像するに小麦粉に砂糖と牛乳、卵だけで、
時折卵も入ってない時もあるような感じ。。。

味気ないぺたんこケーキ。。。これがケーキなの!!??
って子供心に感じていました(笑)


でもどうしても甘くて美味しいおやつが食べたいっexclamation×2
て思っていたところクレープを何かで発見してとりこになりました♪

クレープは膨らまなくても美味しいのが魅力だったんですぴかぴか(新しい)
こういったことでクレープづくりにいたったわけです〜


学校から帰ってくるとお腹が空いてるもんだから
いつもクレープを焼いて、たらふく食べていました。
ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ
それはままごとのようなクレープづくりだったかな(笑

小麦粉、卵、牛乳、マーガリン、砂糖を適当に入れて
焼けたらその場でたまらなく食べてましたるんるん
姉妹がいる時はわいわいとつまみながら〜。

クレープはお皿にもって〜っとかっていうことは
したことなくって、焼けたらすぐそのままの熱々を
口の中に入れて、はうはうしながら食べるのが楽しみでした〜ハートたち(複数ハート)

今から思えば、行儀悪かったですね(笑)


1日のおやつの量はしっかり決まっていましたが
自分で作って食べるのなら、いつも見守っていてくれた母。

母はいとめをつけず材料や道具を買ってくれていたんだと
大人になってから気付きました(。TωT)ノ☆・゚:*:了└|力"├♪

唯一無かったのはオーブンくらいです〜
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(0)

失敗。。私が最初に作ったシフォンケーキ

一番最初に何か作るのって、少しドキドキしちゃいますよね播(・ω・*)ネッ!
絶対失敗しないよう頑張ったのに完全に失敗シフォンケーキ。。。
ドキドキから落胆になっちゃった。。。


レシピはTANTOという雑誌に簡単に掲載されていたもの
とはいってもかなり詳しくは書いてありました(‐”‐;)

CIMG3959.JPG  CIMG3960.JPG

それでも、私は失敗しちゃいましたたらーっ(汗)
確かノーマルなプレーンシフォンケーキを作ったかな。


ベーキングパウダーを使ったにもかかわらず
型から出したシフォンケーキはくしゅくしゅっと縮み。。。
味もぱさつき、はっきりいって美味しいとはいえない

いつもならケーキはすぐなくなるのに
シフォンケーキはいつまでも冷蔵庫に残っていたバッド(下向き矢印)

いたたまれなくなって生クリームを
たっぷりぬって、一人でなんとか食べたんです
| ̄ω ̄、|グスン


2006年に念願のオーブンひらめきを買って
いきごんで作ったシフォンケーキ

一番大型のオーブンで、なんでも焼ける〜
嬉しくってたまらかった時でした〜。



☆失敗した原因

・メレンゲのコツがよくわからず、かなりゆるいメレンゲでした。
こんなにしっかりとしたメレンゲにさせるとは思っていなかったんです

詳しくは☆シフォンケーキ!メレンゲのコツを参考にしてくださいね

・「しっかりと冷ますこと」がレシピ本には載っていなかったので、
ある程度冷めたら型から出してしまっていた


この2点をしていなかったシフォンケーキは
型から出した時、へなぁ〜っとなり
おじぎをした感じになっちゃったんですねあせあせ(飛び散る汗)


実は、その時、オイルも自己流に減らしてみたんです。
味もぱさついていてあまり美味しくなかったです。

やっぱりヘルシーだからといって油を減らし無理矢理食べるくらいなら、
ちゃんと油を入れて美味しく食べたいですよね


ちなみにその後作ったのが、
パテシエを友人に持つ友人から教わったシフォンケーキです。
作り方はこちら→☆パテシエ伝授!バニラシフォンケーキ

2007年10月に作りました。大成功で感激
私でもちゃんと作れる!!!
しかもベーキングパウダーを入れず
しっかりと膨らんだキレイなシフォンケーキを眺めていました。

それからというもの、
私はシフォンケーキのとりこになっていますハートたち(複数ハート)

ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(0)

メイプルが初めて食べたシフォンケーキ♪

シフォンケーキを初めて食べたのは、20代半ば〜ヽ(´▽`)/へへっ
姉がお菓子教室で作ってきたシフォンケーキです。


キレイにラッピングもしてあったので、その姿に驚きましたグッド(上向き矢印)

透明な一枚のビニール(?)で包んであったんですが
プラスチックの板のようなモノの上にシフォンケーキが置いてありました〜
そしてケーキの真上あたりを、リボンできゅっと縛った感じだったかな〜ぴかぴか(新しい)


確か、プレーンシフォンケーキと紅茶のシフォンケーキでした。

そして、口の中に入れて更に驚きました。
ただのスポンジケーキだと思って食べたのでexclamation×2
こんなスポンジは食べたことがない!


初めてシフォンケーキというものを食べてびっくり
ふわふわと軽い食感、重くないスポンジ
口の中でしっとりと消えていく感じハートたち(複数ハート)

夏の暑い時だったんですが、一口食べたら止まらなかったです
("▽"*) アヒョ


それからお菓子教室に行ってみたいって思いはじめました〜
こんなきれいなふんわりしたスポンジは焼くことなんて絶対出来ないっ!
そう思っていたので、あこがれました。


確か、姉はその後お菓子教室で
クッキーの家みたいなのを作ってきました。
クリスマスが近かったような記憶が〜(*`・ω・*)ゞ

クッキーはシフォンケーキと同じようにラッピングがしてあって、キレイでした。
それをみなで少しずつ割って食べたなぁ〜るんるん

あと、何か作ってきていましたが忘れました〜
(お姉たまぁーーー ゴメ〜ン)


シフォンケーキの美味しさに比べてというと、
姉が作った他のお菓子は、記憶にない。。。

その他の菓子で終っています(笑)
っていうか、忘れちゃってますから〜

とにかくシフォンケーキ一番好きでした。
最初の衝撃って、こんなにすごいものなんだと改めて思いますひらめき
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(2)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。