シフォンケーキ王国! > 海外を探求♪

元祖アメリカのシフォンケーキは今・・

シフォンケーキの元祖といったら、アメリカですよね。

ちょっと意外かもしれませんが、
シフォンケーキの生みの親はアメリカの“ハリー・ベーカー氏(Harry Baker, 1884-1984)”

シフォンケーキの歴史で、ご紹介しています。



シフォンケーキのとりこになり、シフォンケーキ作りに熱中し、
その後わたしが興味を持ったのがその歴史でした。

アメリカ生まれのシフォンケーキ、
現地ではどのようなシフォンケーキが売られているのだろう、

そんなことを思い、
アメリカに行く機会があれば必ずシフォンケーキを買って食べようと決めていました。



そんな時に見つけたのはインターネット上のある動画。
シフォンケーキの作り方の動画です。

材料などみると日本の動画ではないのがわかりました。
きっとアメリカだろうと予想。


そしてお母さんといった感じの女性が
シフォンケーキを作りを紹介していたんです。


この動画をきっかけにわたしを疑問(?)疑惑(?)の思いを抱きはじめました。
なんとも不思議な思い。。。


なぜかというと・・


その女性が手で豪快にシフォンケーキ生地を混ぜていたんです。


もしかしたら!
シフォンケーキ作りを毎日のようにしているから
手で作っちゃうくらいなのかな?

道具を使うのが面倒だったから?


しかもちょっと豪快。
日本でおばあちゃんがおはぎを作ってくれる感覚なのかも!


こんな結論で勝手に締めくくったのでした。



その後、何度かアメリカの
シフォンケーキの動画やレシピを見たおぼえがあります。

あまりしっかりとした記憶はないんですけどね(汗


そのレシピには必ずベーキングパウダーが入っていて、
クリームオブタータ(酒石酸水素カリウム)も入っていたはず。

手で混ぜることはしなかったものの
その作り方もかなり豪快で、
出来上がりも日本人好みではありませんでした。



そんなことから、
クリームオブタータやベーキングパウダーを入れないレシピは

もしかしたら
日本人が独自に作り上げていった歴史なのではないかと
そう予想していたんです。



日本のシフォンケーキは繊細といった印象を持っています。
民族性(?)もあるのかもしれません。


材料はクリームオブタータどころか、
ベーキングパウダーも入れないレシピがお馴染みになってきました。



そして、再び情報が。
アメリカ在住の方からのコメントでした。

>日本で売っているようなシフォンケーキ型を見つけることができません。



ご相談いただいたシフォンケーキ型のリンク先を見ると
型のふちに3つ棒(?)つい立(?)がついているものでした。


日本ではハート型などにはこういった棒がついています。

なぜハート型にはと思いましたけど
棒がついているのがもともとの元祖の型で、

わたしたちが使っている丸型は
アレンジされていて使いやすいようになった型なのかもしれません。


そしてアメリカではAngel Food Pansとして売られているようで
日本でお馴染み型とちょっと違うようです。



そんなアメリカではシフォンケーキは姿を消し
エンゼルフードケーキ(卵白のみのケーキ)だけが
根強く残っているんだそうです。

そして、ものすごく甘いとのこと。


P.Sくみさんありがとうございましたm(__)m



シフォンケーキの歴史でも載せましたが
当時、シフォンケーキをベーカリーとしているところから
シフォンケーキのたち位置はパンといった感じなのかなと思っていました。

けれどすでにシフォンケーキはアメリカでは姿を消していた・・・


シフォンケーキ、
もしかしたらもうすでに日本のお菓子になりつつあるのかもしれない
そんなシフォンケーキの歴史でした。
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(8) | TrackBack(0)

アメリカHPからご紹介!小沢のり子さん

シフォンケーキの人気店、
ラ・ファミーユのオーナーである小沢のり子さん

レシピ本“シフォンケーキのプロが教えるスペシャルレシピ”と、
小沢のり子さんをアメリカのサイトでみかけましたひらめき

このアメリカのサイトとうのは
シフォンケーキの歴史で、もっとも参考にさせていただいた
Larchmont ChronicleというHPの中のこの記事
TOKYO BAKER EXPLORES HISTORY OF CHIFFON CAKE


シフォンケーキを創始者である
ハリー・ベーカーはラークモンド大通り(Larchmont Blvd)の
アパートでシフォンケーキを作っていたとされてますから

詳しいことはまだわかりませんが
このHPはラークモンドの地方誌ならぬ
地方HPっといったところでしょうかexclamation&question


このHPでまさか小沢のり子さんに関する記事を
見つけるとは思いもよらずダッシュ(走り出すさま)
思わず目をみはりました\(◎o◎)/!


小沢のり子さんの著書である
“シフォンケーキのプロが教えるスペシャルレシピ”の表紙が
ど〜んと載っていますexclamation×2
そして小沢のり子さんも載っていましたよ


HPでは小沢のり子さんとのやりとりなどをつづり
彼女はラークモンド大通りなど訪問しています。

ラークモンドでベーカリーがひとつも無いのに
がっかりしている小沢のり子さんバッド(下向き矢印)


同様、ワタシもシフォンケーキの歴史には興味を持っていますから
ここにベーカリーがないのにはがっかりするでしょうね〜

ちなみに、ハリー・ベーカー氏が住んでいたアパートは
駐車場になっているそうです。





l-aoitori200.gif





それにしても小沢のり子さんの
シフォンケーキに対する情熱はすごいですねグッド(上向き矢印)

彼女は50代で単身フランスに渡りました。
フランスではシフォンケーキの存在を知ってる人はわずか

お菓子の本場であるパリで
オリジナルレシピを試した小沢のり子さんひらめき


シフォンケーキがより美味しく
オリジナリティーが増してる事は確かですよね

小沢のり子さんが
大きく貢献してることは間違いありませんるんるん
ちょっとでも、この記事があなたさまの参考になりましたら、
王国存続の応援クリックをしていただけると嬉しいです(*^_^*)♪
人気ブログランキング
banner2.gif
ブログ村スイーツブログ
にほんブログ村 スイーツブログへ
| Comment(2)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。